学校長メッセージ

こんにちは。高田中・高等学校ホームページへようこそ。

高田中高等学校は、寛政九年(1797年)に高田本山の境内に「勧学堂」を創立したことを起源とする伝統校です。本校は、214年にわたって一貫して仏教精神と親鸞聖人(しんらんしょうにん)の教えに基づく教育を旨として生徒を育ててきております。その結果、これまで多くの有能な人材を世に送り出すとともに、心の優しい思いやりのある生徒の育成をめざしてきました。

東北地方を襲った未曾有の大震災、原発の問題は、被災された方々の物心両面にわたる一日も早い救済支援が急務です。又あらゆる分野の復興まで長い年月がかかります。この厳しい社会情勢の中においても本校教育の基本を見失うことなく、選ばれる学校として保護者の方々のニーズに応えながら新しい状況に対応していきたいと考えます。

本校は、高校3年制と中高一貫の6年制を両輪としていて、それぞれが特色を発揮して実績を上げています。他方、部活動・行事などの学校生活において生徒たちは共に協力しあいながら活動しています。

私たちは生徒一人一人が本校の校訓「言行忠信、表裏相応」を日常の中で実行して「和顔愛語」(わげんあいご)にあふれ、無限のかけがえのない可能性をそれぞれに発揮する学校を目指しています。

学校長 梅林 久高

勧学堂