スクールライフ > 部活動 > 放送部

放送部高 校・放送部中学校

こんにちは。高田中学・高等学校ホームページへようこそ。高田中・高等学校 放送部は、アナウンス・朗読、ラジオやテレビの番組制作を通して、社会との関わりや美しい日本語の表現を追求しています。

コンセプト
人前で話すことが楽しくなりますように。
活動時間
平日:お昼の校内放送、放課後約2時間(17時30分には終了)
活動場所
第2体育館3階 部室、本館2階 放送室
活動内容
行事の司会進行やお昼の放送など、楽しく活動しています。行事の音響やミキシングも担当します。イベントが好きな人を募集しています。コンテストにも参加しています。朗読やアナウンスの練習、ラジオドラマの制作も行なっています。
部員数
高校男子:10
高校女子:14
中学校女子:11
参加している大会等
NHK杯全国高校放送コンテスト、NHK杯全国中学校放送コンテスト、全国高等学校総合文化祭、近畿高等学校総合文化祭
最新の実績・成果など

2018文化祭終了!今年もステージ発表の司会・音響を担当しました。中・高

9/20(木)文化祭2日目のステージ発表が行われました。
放送部は毎年司会や音響の係を務めています。
体育館2階の放送室に20名を超える放送部員が集まりました。

今年のステージ発表では第65回NHKNHK杯全国高校放送コンテストで県大会で奨励賞を頂いた創作ラジオドラマ「クイズ!愛の心をキャッチせよ」を聞いて頂き、また、アナウンス部門で全国大会に出場した永納さん、同じく朗読部門の長岡さんの生のアナウンス・朗読を聞いて頂きました。

また、司会や音響でも多くの放送部員が文化祭を支えました。このようにコンテストへの参加以外に、学校行事の運営に携われるのも放送部の魅力の一つではないかと思います。

この文化祭で3年生は完全に引退です。最後のお仕事、ご苦労様でした。

2018/09/22(土)顧問 | ▲top

第42回全国高等学校総合文化祭 2018信州総文祭に出場しました中・高

8月9日(木)・10日(金)に長野県岡谷市で行なわれた第42回全国高等学校総合文化祭 放送部門大会(2018信州総文祭)に出場しました。
高田高校放送部はアナウンス部門と、オーディオピクチャー部門(ラジオ番組に写真のスライドを流す番組)の2部門に出場しました。

○ アナウンス部門・・・・Ⅲ年E組江﨑夢さん
三重県津市香良洲町のマグロ解体師の方の東北大震災復興支援の活動を取材しました。

○ オーディオピクチャー部門・・・・作品名『教えて猫博士!~小さな命を守りたい~』
猫の殺処分ゼロを目指した三重県内の取組みを取材しました。


結果は、惜しくも入賞はなりませんでしたが、全国大会のハイレベルな発表を見てとても勉強になりました。

取材に協力して下さった皆さんにこの場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

2018/09/22(土)顧問 | ▲top

第2回NFCC高校生朗読コンクールで最優秀賞 2連覇を果たしました!

8/26(日)名古屋文化短期大学で行われた。第2回高校生朗読コンクールの本選(決勝)に参加しました。

本選には、愛知・岐阜・三重から事前のCDによる審査(54名)を通過した15名の生徒が出場しました。(高田からは15名中4名が出場)

今年は新美南吉作「二ひきの蛙」「飴だま」「おじいさんのランプ」の3作品から1作品を選び、それぞれの感性で表現し、朗読しました。

この大会は、ステージ上での朗読ということもあり、ただ音声で表現するだけではなく、「見せる朗読」を意識して発表しました。

その結果、Ⅲ年生の江崎夢さんが最優秀賞を受賞し、2連覇を果たしました。

Ⅲ年江﨑夢・・・最優秀賞(2連覇)
Ⅲ年長岡美雅・・・入選
5年永納綾香・・・入選
4年中川諒太郎・・・入選



↓主催者のHPでも紹介されています↓

第2回 NFCC 高校生朗読コンクール結果発表

http://www.nfcc-nagoya.com/news/2018/08/2-nfcc.html

2018/09/04(火)顧問 | ▲top

第35回NHK杯全国中学校放送コンテスト三重県大会 2部門で全国大会出場決定中学校

第35回NHK杯全国中学校放送コンテスト三重県大会の朗読部門とアナウン部門に出場し,2部門とも全国大会への出場を果たすことができました.創部1年目ですが,この結果をバネにして,さらなる飛躍を目指します.

アナウンス部門
最優秀賞2a越山礼菜
優秀賞3c市川侑奈
優秀賞3c松本玲香
優秀賞2d生杉綾香
優良賞1c田﨑有彩

朗読部門
優秀賞2c堀池恵眞

※最優秀賞と優秀賞の5人は全国大会に出場します.

2018/08/06(月)顧問 | ▲top

第65回NHK杯全国高校放送コンテスト 全国大会 3部門で入賞!中・高

7月23日(月)~26日(木)まで、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターおよびNHKホールにて行われた、第65回NHK杯全国高校放送コンテスト(全国大会)に出場しました。

今回の全国大会は、6月に行われた県大会の結果、アナウンス部門1名・朗読部門1名・ラジオドキュメント部門・テレビドキュメント部門の計4部門で出場しました。

結果はテレビドキュメント部門・ラジオドキュメント部門・朗読部門の3部門で準決勝に進出し、入賞しました。


○ ラジオドキュメント部門第4位優良賞作品名『入鹿~戦争捕虜収容所の記憶~』
○ テレビドキュメント部門第4位優良賞作品名『NFT~新しい未来を目指して~』
○ 朗読部門第5位入選 長岡美雅(Ⅲ年)

テレビドキュメント部門で入賞した作品は、8月10日(金)9:00~9:50にNHKのEテレ「ティーンズビデオ2018」で
ラジオキュメント部門で入賞した作品は、8月27日(月)10:00~11:00にNHKFM「ティーンズラジオ2018」で放送されます。是非見て(聞いて)下さい。

今年はあと一歩のところで夢のNHKホールの舞台を逃しましたが、今後、さらに技術を磨き、練習・研究をして、来年こそは決勝のNHKホールの舞台へ進みたいと思います。

今回も、取材や撮影に協力していただいた方々のおかげで、大きな舞台で発表することができました。この場を借りて感謝の気持ちを伝えたいと思います。ありがとうございました。

2018/08/04(土)顧問 | ▲top

第65回NHK杯全国高校放送コンテスト三重県大会 4部門で全国大会出場決定中・高

6月17日(日)四日市大学にて、第65回NHK杯全国高校放送コンテスト三重県大会が行われました。今年は昨年同様、全7部門に全てエントリーし、そのうち4部門で全国大会出場を果たすことができました。今年はドキュメンタリー部門はテレビ・ラジオ共に最優秀賞をいただくことができました。

【県大会結果】

<全国大会出場>
●ラジオドキュメント部門 ・・・・・最優秀賞(1位)
●テレビドキュメント部門 ・・・・・最優秀賞(1位)
●アナウンス部門永納綾香 ・・・・優秀賞(2位タイ)
●朗読部門長岡美雅 ・・・・優秀賞(2位タイ)

<奨励賞>
●創作ラジオドラマ部門・・・奨励賞(3位タイ)
●創作テレビドラマ部門・・・奨励賞(3位タイ)
●アナウンス部門江﨑夢・・・奨励賞(7位タイ)
●アナウンス部門河合麻衣・・・奨励賞(7位タイ)



最優秀賞・優秀賞を受賞した部門では、7月23日(月)から東京の国立オリンピック記念青少年総合センター及びNHKホールで行われる同全国大会に出場します。今年は4部門で全国大会に挑戦します。

取材に協力して頂いた方々、協力して頂いた方々、本当にありがとうございました。
全国大会でも良い結果が出せるよう頑張ります。

2018/07/08(日)顧問 | ▲top

3/26(月)英国大使館に取材に行ってきました!中・高

現在、高校放送部では夏に行われるNHK杯全国高校放送コンテストに向けて、番組作りをしています。
今回はその中の、ラジオドキュメント部門に出品予定の番組のインタビューで東京にある英国大使館を訪れました。

当日は、私たちの質問に答えていただいただけでなく、英国大使館の中を案内していただき、また記念写真の撮影までしていただくなど、とても親切にしていただきました。

英国大使館の中に入らせていただくというとても貴重な経験をさせていただき、また、高校生の無理なお願いにも拘わらず、快くインタビューを引き受けてくださった英国大使館のみなさんに部員・顧問一同、本当に感謝しています。

ありがとうございました。

2018/04/26(木)顧問 | ▲top

第37回近畿高等学校総合文化祭 大阪大会に参加しました中・高

11月19日(日)大阪商業大学「ユニバーシティホール蒼天」において、第37回近畿高等学校総合文化祭大阪大会が行われました。
放送部では三重県代表としてアナウンス部門に県大会最優秀賞を受賞した宇野夏未さんが出場しました。
結果は入賞は果たせませんでしたが、レベルの高い発表を目の当たりにし、とても勉強になりました。
今後も練習を重ね、県外の大会でも入賞できるよう頑張りたいと思います。

2018/01/15(月)顧問 | ▲top

10/26(木) 今年も三重テレビ 「とってもワクドキ!」に出演しました    中・高

今年も三重テレビ「とってもワクドキ!」に出演しました。

今回の取材したのは、9/9(土)に行われたみえレインボーフェスタ2017です。このフェスタの様子を初のレポーター形式で番組にまとめました。

本番では三重テレビの林屋菊丸さんの突然のアドリブ質問に翻弄されながらも、どうにか無事本番を終えることができました。

見てくださったみなさん、ありがとうございました。

最後には本校の卒業生である北村実穂アナウンサーとの記念撮影もさせていただきました。

2017/11/26(日)顧問 | ▲top

第1回NFCC高校生朗読コンクールで最優秀賞を頂きました!中・高

9/16(土)名古屋文化短期大学で行われた。第1回高校生朗読コンクールの本選に本校放送部の生徒4名が参加しました。

本選には、愛知・岐阜・三重から事前のCDによる審査を通過した10名の生徒が出場しました。
10人全員が新美南吉作「デンデンムシノカナシミ」という本をそれぞれの感性で表現し、朗読しました。

その結果、Ⅱ年生の江崎さんが最優秀賞、4年生の永納さんが優秀賞をそれぞれ受賞し、また、Ⅱ年生の長岡さん、4年生の山下さんも入賞をいただきました。

↓主催者のHPでも紹介されています↓

●高校生朗読コンクールの予備審査が行われました
http://www.nfcc-nagoya.com/news/2017/08/post-285.html

●第1回高校生朗読コンクール結果発表
http://www.nfcc-nagoya.com/news/2017/09/1.html

2017/10/12(木)顧問 | ▲top

「みえレインボーフェスタ2017」のボランティアスタッフをさせていただきました

今年のNHK杯テレビドキュメント部門にLGBTをテーマにした番組を作らせてもらったことをきっかけに、9/9(土)お城西公園で行われた「みえレインボーフェスタ2017」の撮影担当のボランティアスタッフをさせていただきました。

当日はLGBT当事者の方々の発表、複数の高校・大学などのダンス、小学生が書いたLGBTポスター展示、LGBTフレンドリー企業の発表など、たくさんの企画が盛りだくさんで、顧問も部員も性の多様性についてさらに深く学ぶことができました。
LGBTを理解し、支援する人を『アライ(ALLY)』と言いますが、このイベントを通して、アライの輪がさらに広がったのではないかと思います。

今回撮影した映像も番組にするつもりです。完成したらお知らせしますので是非見てください。

2017/09/18(月)顧問 | ▲top

第64回NHK杯全国高校放送コンテスト(全国大会)で第5位入選をいただきました!

7月24日(月)~27日(木)まで、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターおよびNHKホールにて行われた、第64回NHK杯全国高校放送コンテスト(全国大会)に出場しました。

今回の全国大会は、6月に行われた県大会の結果、アナウンス部門(3名)・ラジオドキュメント部門・テレビドキュメント部門の計のべ5部門で出場しました。

○ アナウンス部門・・・・・・・ 宇野夏未・江崎夢・河合麻衣
○ ラジオドキュメント部門・・・ 作品名『MKP~私のふるさと~』
○ テレビドキュメント部門・・・ 作品名『LGBT~いま私にできること~』

結果はラジオドキュメント部門で準決勝に進出し、入選(第5位)を受賞しました。
一昨年の、第6位制作奨励賞から1つ上の賞をいただくことができました。

今後、さらに技術を磨き、練習・研究をして、来年こそは決勝のNHKホールの舞台へ進みたいと思います。

今回も、取材や撮影に協力していただいた方々のおかげで、大きな舞台で発表することができました。この場を借りて感謝の気持ちを伝えたいと思います。ありがとうございました。

2017/08/22(火)顧問 | ▲top

今年も『一身田七夕まつり』のよさこいステージの運営をお手伝いしました。

毎年恒例になりました一身田七夕まつり よさこいステージの司会・音響のお手伝いに、今年も参加させていただきました。
今年は、7月8日(土)に行われました。

当日はかなりの猛暑でしたが、司会・音響だけでなく、総踊りのときには放送部員も一緒に踊るなど、よさこいステージを盛り上げました。

2017/08/22(火)顧問 | ▲top

第64回NHK杯全国高校放送コンテスト三重県大会 のべ5部門で全国大会出場決定中・高

6月18日(日)に第64回NHK杯全国高校放送コンテスト三重県大会が行われました。今年は昨年同様、全7部門に全てエントリーし、そのうちのべ5部門で全国大会出場を果たすことができました。

【県大会結果】

<全国大会出場>
●ラジオドキュメント部門『MKP~私のふるさと~』 ・・・・・最優秀賞(1位)
●テレビドキュメント部門『LGBT~いま私にできること』・・・優秀賞(2位タイ)
●アナウンス部門宇野夏未・・・・・・・・・・・・・・・最優秀賞(1位)
●アナウンス部門江崎夢・・・・・・・・・・・・・・・優秀賞(2位タイ)
●アナウンス部門河合麻衣・・・・・・・・・・・・・・・優秀賞(2位タイ)

<奨励賞>
●研究発表部門『良い声は努力によって作れるのか』・・・・・奨励賞(3位タイ)
●創作テレビドラマ部門『それでも僕は、逃げられない』・・・奨励賞(3位タイ)
●朗読部門西村侑紀・・・・・・・・・・・・・・・・・・奨励賞(7位タイ)



最優秀賞・優秀賞を受賞した部門では、7月24日(月)から東京の国立オリンピック記念青少年総合センター及びNHKホールで行われる同全国大会に出場します。今年は昨年と同じく、のべ5部門で全国大会に挑戦します。

取材に協力して頂いた方々、協力して頂いた方々、本当にありがとうございました。
全国大会でも良い結果が出せるよう頑張ります。

2017/06/21(水)放送部顧問 | ▲top

レディオキューブFM三重がお昼の放送ジャックに来てくれました高 校

6月24日(金)12:50~13:10。選挙年齢が18歳以上に引き下げられことをきっかけに、選挙啓発「~はじめての一票~」キャンペーンとして、レディオキューブFM三重がお昼の放送ジャックに来てくれました。
当日はいつもの放送室から離れて、学生ホールで公開放送を行いました。
FM三重の番組「READY!」のパーソナリティである多田えりかさんをお迎えし、放送部員の竹島くん、西山さんと生徒会副会長の堀田さんの4人で「選挙」をテーマにお昼の放送をお送りしました。

普段のお昼の放送とは全く違う雰囲気と盛り上がりの中で、放送部員も緊張気味でしたが、無事放送を終えることができました。

2016/06/27(月)川村 | ▲top

第63回NHK杯全国高校放送コンテスト三重県大会結果報告  

去る6月19日(日)に平成28年度 第63回NHK杯全国高校放送コンテスト三重県大会が行われました。今年は全7部門に全てエントリーし、そのうちのべ5部門で全国大会出場を果たすことができました。

【県大会結果】
●テレビドキュメント部門『「ゼロ」から挑戦するということ』・・最優秀賞(1位)
●ラジオドキュメント部門『脱ゲーム依存!』・・・・・・・・・優秀賞(2位タイ)
●アナウンス部門宇野夏未・・・・・・・・・・・・・・・・・・・優秀賞(2位タイ)
●朗読部門油嵜友香・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・優秀賞(2位タイ)
●朗読部門西村侑紀・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・優秀賞(2位タイ)
●研究発表部門『外郎売りの必要性』・・・・・・・・・・・・・・奨励賞(3位)


最優秀賞・優秀賞を受賞した部門では、7月25日(月)から東京のNHKホールで行われる同全国大会に出場します。今年は昨年の2部門と比べて5部門と、多くの部門で全国大会に挑戦します。
取材に協力して頂いた方々、協力して頂いた方々、本当にありがとうございました。
全国大会でも良い結果が出せるよう頑張ります。

2016/06/22(水)川村 | ▲top

10/22(木) 三重テレビ 「とってもワクドキ!」に出演しました 高 校

三重テレビへ出演も毎年恒例となりました。
今年は10/22(木)三重テレビ18:00オンエアーの「とってもワクドキ!」に出演しました。

今回の取材したのは、男子新体操部の堀 考輔くん(2年)です。
今年のインターハイで見事優勝を勝ち取った堀くんの練習や素顔に迫るドキュメンタリー作品を制作しました。

この番組を制作したのは、カメラ・ナレーションなど番組作りの全てが「初めて」という見習いスタッフばかりでしたが、それぞれが新たな分野をやりこなし、無事完成させることができました。

この経験を来年のNHK杯に繋げていきたいと思います。

2015/11/10(火)川村 | ▲top

『一身田七夕まつり』のよさこいステージの運営をお手伝いしました。高 校

7月11日(土)に行われた一身田七夕まつりのよさこいステージの運営スタッフとして、司会や音響を担当しました。
今年も一身田青年団のみなさんからお話をいただき、3年連続でスタッフを務めることになりました。当日はかなりの猛暑でしたが、司会・音響共に無事終えられることができました。

2015/07/30(木)川村 | ▲top

第62回NHK杯全国高校放送コンテスト(全国大会)で制作奨励賞(第6位)を受賞しました!高 校

7月20日(月)~23日(木)まで、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターおよびNHKホールにて行われた、第62回NHK杯全国高校放送コンテスト(全国大会)に出場しました。

今回の全国大会は、6月に行われた県大会の結果、アナウンス部門・ラジオドキュメント部門の2部門で出場しました。

○ アナウンス部門・・・・・・・ 一色美沙(5年)
○ ラジオドキュメント部門・・・ 作品名『カップル画像Upチュウ!?』

結果はラジオドキュメント部門で準決勝に進出し、制作奨励賞(第6位)を受賞しました。昨年は全部門で準々決勝敗退でしたが、今年は一歩前進し、準決勝まで残ることができました。
しかし、決勝に残った4作品と比べると、まだまだ技術力・取材力の差が明らかです。またこれから1年間、たくさん練習・研究をして、来年こそは決勝のNHKホールの舞台へ進みたいと思います。

今回、制作奨励賞を受賞できたのも、取材や撮影に協力していただいた方々のおかげです。この場を借りて感謝の気持ちを伝えたいと思います。ありがとうございました。

2015/07/30(木)川村 | ▲top

第六十二回NHK杯全国高校放送コンテスト三重県大会結果報告

放送部は、去る6月21日(日)に行われました平成二十七年度第六十二回NHK杯全国高校放送コンテスト三重県大会において、ラジオドキュメント部門で「カップル動画upチュウ!?」が最優秀賞、アナウンス部門で5年d組の一色美沙さんが優秀賞に輝き、7月20日(月)から東京のNHKホールで行われる同全国大会に出場します。全国大会出場は、20年以上連続しています。この他にも、県大会では、朗読部門で、Ⅲ年4組瀧本理沙さんと越智綺音さんが、アナウンス部門ではⅢ年2組の今井祐貴乃さんとⅢ年E組の寺上雪精さんがそれぞれ奨励賞を受賞し、ラジオドラマ部門でも作品名「告白☆ボンバー」で奨励賞を受賞するなど、昨年度に引き続き大きな成果を上げることができました。

2015/07/17(金)放送部顧問 | ▲top

中京テレビ メディアリテラシー活動 「中継番組を作ってみよう!」に参加しました高 校

2/28(土)中京テレビさんからお話をいただいていた「中継番組を作ってみよう」という取組みに参加しました。今回は高田高校の馬術部を取材し、レポートしました。

中継番組とは、普段放送部が制作する編集番組とは違い、全てがカットなし一発勝負の番組です。

放送部が中継番組に挑戦するのは初めてのことでした。
普段の編集ありの番組であれば、4~5人のスタッフで作ることができますが、今回は20人のスタッフそれぞれが重要な役割を担いました。
全てを統括するディレクターが中継車に乗り込み、そこからカメラマン、スイッチャー、音声、フロアディレクターなどの係に指示を飛ばします。
実際、生放送されるわけではなく、収録してインターネットで放送されるのですが、収録本番はまさに「生放送」さながらの空気感でした。「カット⇒撮り直し」がきかず、あらゆる係のミスが全てそのまま収録され、番組となっていくため、本番は全ての係がかなりの緊張感の中で行われました。

初めてと言うこともあり、ミスも緊張も全てがそのまま収録されており、「うまくできた!」とは言えない部分もありますが、部員一同貴重な体験をさせていただいたことに感謝しています。

ぜひ一度、ご覧になりご感想をいただけたらと思います。

本番の映像はこちらから↓
http://www.ctv.co.jp/company/literacy/2014/

2015/03/06(金)川村 | ▲top

活動報告 高 校

2月7日、8日と津市の安濃中央総合公園内体育館で行われた2014/15V-チャレンジリーグの司会・場内アナウンスを放送部員3名が担当させていただきました。

普段の校内行事のMCとは違い、公式の大きなイベントのMCということもあり、担当した3人の部員それぞれが大きな責任とプレッシャーを感じていました。

「●●チーム、○番に代わり、○番の選手が入ります」
など、目まぐるしく変る試合の状況にうまく対応してアナウンスをしていくのは本当に難しく、集中力とアドリブ力が必要でしたが、始めはミスをしがちだった3人も徐々に上手く話せるようになり無事MCをやり遂げることができました。

2015/03/06(金)川村 | ▲top

1/28(木) 今年も 三重テレビ 「とってもワクドキ!」に出演しました 高 校

1/28(木)三重テレビ18:00オンエアーの「とってもワクドキ!」に今年も出演しました。

今回は、高田高校の名物先生(?)である国語科の御手洗忠彦先生を放送部がレポートし、テレビドキュメント番組を制作しました。

古典を歌と踊りで教える御手洗先生の魅力を詳しく取材し1本の番組にしました。

生放送ということもあり、出演した部員は3人ともとても緊張した様子でしたが、とても貴重な体験となりました。

2015/03/06(金)川村 | ▲top

FM三重の佐藤 晃加音さんに指導していただきました。高 校

本校放送部のOGでもあり、現在FM三重でリポーターをつとめる佐藤 晃加音(あかね)さんに練習に来ていただき、アナウンス指導をしていただきました。

きれいな声を出すための腹式呼吸の方法や、自己紹介を通じて相手に「伝える」コツを教えていただきました。

正しい発声の仕方も学び、来年のNHK杯に向けて日々練習しています。

2014/11/26(水)川村 | ▲top

第36回全国高等学校総合文化祭(茨城大会)で『審査員特別賞』を受賞しました!

7月30日(水)・31日(木)に行なわれた第38回全国高等学校総合文化祭 放送部門(茨城県)に出場しました。
高田高校放送部は朗読部門・オーディオピクチャー部門(ラジオ番組に写真のスライドを流す番組)の2部門に出場しました。

○ 朗読部門・・・・Ⅲ年C組作田 藍さん
○ オーディオピクチャー部門・・・・作品名『津ぎょうざ小学校』

結果は、朗読部門は惜しくも入賞はなりませんでしたが、オーディオピクチャー部門で「審査員特別賞」を頂きました!
今回の番組は津市のB級グルメ「津ぎょうざ」を取材し、全国の皆さんに津ぎょうざの存在やその良さを知ってもらう番組でした。

この番組の制作に当たって、取材に応じてくださった津ぎょうざ協会の皆さん、津市立一身田小学校の皆さん、高田高校の先生、生徒の皆さん本当にありがとうございました。
色々な方々のご協力があってこそこの番組が完成し、審査員特別賞という素晴らしい賞を頂くことができたと思っています。
ありがとうございました。

2014/08/01(金)川村 | ▲top

第61回NHK杯全国高校放送コンテスト(全国大会)に出場しました。高 校

7月21日(月)~24日(木)まで、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターおよびNHKホールにて行われた、第61回NHK杯全国高校放送コンテスト(全国大会)に出場しました。

今回は6月15日(日)に鈴鹿国際大学で行われた県大会の結果、アナウンス部門・朗読部門・創作テレビドラマ部門・ラジオドキュメント部門の計4部門で出場しました。

○ アナウンス部門・・・・・・・ 宇佐美 璃親(Ⅲ年C組)・梅田 雅美(Ⅲ年D組)
○ 朗読部門・・・・・・・・・・ 作田 藍(Ⅲ年C組) ・東 由実子(5年f組)
○ 創作テレビドラマ部門・・・・ 作品名『僕、女性恐怖症なんです』
○ ラジオドキュメント部門・・・ 作品名『マスクと空気』

結果は準々決勝で敗退しましたが、「来年こそは決勝に!」と部員一同大変良い刺激を受けました。
取材や撮影に協力していただいた皆様に感謝の気持ちを忘れず、来年の第62回のNHKに向けて練習に励みたいと思います。

2014/08/01(金)川村 | ▲top

第61回全国高校放送コンテスト三重県大会

6月15日(日)鈴鹿国際大学を会場に第61回全国高校放送コンテスト三重県大会が行われました。高田高校放送部はアナウンス、朗読、ラジオドキュメント、ラジオドラマ、テレビドキュメント、テレビドラマの各部門にエントリーをしました。

結果は、ラジオドキュメント「マスクと空気」で最優秀賞、テレビドラマ「僕、女子恐怖症なんです。」で優秀賞、アナウンス部門でⅢ年C組の宇佐美璃親さんとⅢ年D組梅田雅巳さんが優秀賞、朗読部門でⅢ年C組の作田藍さんと6年f組の東由実子さんが優秀賞を受賞し、7月21日から東京で開催される第61回NHK杯全国高校放送コンテスト(全国大会)に出場を決めました。

他にもラジオドラマ「輝け!きらきらネーム」で奨励賞、アナウンス部門でも奨励賞を受賞しました。昨年度以上に良い成果が出ました。

2014/06/17(火)放送部顧問 | ▲top

1/30(木) 三重テレビ 「とってもワクドキ!」に出演しました

1/30(木)18:00三重テレビオンエアーの「とってもワクドキ!」に出演しました。

今回は、11/25に学校行事として行われたダンス発表会の様子を放送部がレポートし、テレビドキュメント番組を制作しました。

生放送ということもあり、出演した部員は3人ともとても緊張した様子でした。

テレビドキュメント番組を作るのは全員が初めてでしたが、番組の企画・構成、カメラや音声、映像編集、ナレーションなど全てを部員たちでやり遂げました。


来年もチャンスがあればまた番組を作って「ワクドキ」に出たいと思います。

2014/02/04(火)顧問 川村 | ▲top

第33回近畿高等学校総合文化祭 放送部門大会に参加しました。高 校

11/10(日)に三重県総合文化センター中ホールで行われた第33回近畿高等学校総合文化祭 放送部門大会に参加しました。

Ⅱ年C組の作田藍さんが朗読部門に出場しました。
その他、機材担当・司会などとして運営にも携わりました。

2013/11/18(月)川村 | ▲top

第60回NHK杯全国高校放送コンテスト(全国大会)に出場しました。高 校

7月22日(月)~25日(金)まで、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターおよびNHKホールにて行われた、第60回NHK杯全国高校放送コンテスト(全国大会)に出場しました。

高田高校放送部は、昨年度にひき続いての出場です。今年度は、朗読部門でⅡ年C組の作田藍さんと、ラジオドキュメント部門および創作ラジオドラマ部門の3部門での出場を果たしました。惜しくも決勝には残れませんでしたが、部員一同大変良い刺激を受けて帰ってきました。この経験をもとに、来年度への活動につなげていきたいです。

2013/08/05(月)濱口 | ▲top

一身田七夕まつりwith盆踊りで司会をしました。高 校

7月6日(土)「第30回一身田七夕まつりwith盆踊り」にて、司会をしました。一身田青年団のみなさんからお話をいただき、事前の打ち合わせから準備までお世話になりました。当日の津市内は最高気温34℃を記録する猛暑でしたが、部員それぞれが、協力し、なんとか無事に終えることができました。関係者の皆さまに感謝します。

2013/07/06(土)濱口 | ▲top

第60回NHK杯全国高校放送コンテスト三重県大会で最優秀賞を受賞しました。高 校

6月23日(日)第60回NHK杯全国高校放送コンテスト三重県大会が三重県総合文化センター中ホール・小ホールにて開催されました。高田高校放送部は今大会で、創作ラジオドラマ部門で最優秀賞を受賞、ラジオドキュメント部門および、朗読部門でそれぞれ優秀賞を受賞しました。ともに、7月に東京で行われる全国大会への出場が決定しました。また、その他にも朗読部門で2名、アナウンス部門で1名が奨励賞を受賞しました。昨年に引続き、成果を上げることができました。

2013/06/24(月)濱口 | ▲top

第32回近畿高等学校総合文化祭(和歌山大会放送部門)に出場しました。高 校

第32回近畿高等学校総合文化祭(和歌山大会放送部門)に出場しました。今年度は、5年生の黒田阿佑実さんがアナウンス小部門に三重県代表として出場しました。日本で初めて五十音順の国語辞典を作った、三重県津市出身で、江戸時代中頃に活躍した、谷川士清(たにがわ ことすが)の紹介を、約1分30秒のニュースにまとめて発表しました。来年度は三重県で近文祭が開催されます。黒田さんのさらなる活躍が期待されます。

2012/11/26(月)濱口 | ▲top

第33回 みえ高文祭に出演しました。高 校

門山さんは、今年のNHK杯全国高校放送コンテストの朗読部門において、県大会では最優秀賞、全国大会では、入選を受賞しました。みえ高文祭では、その受賞の朗読を再演しました。

角田光代(かくた みつよ)作、『さがしもの』という作品の一部を、「明るいトーン」で、いきいきと聞かせてくれました。探し求めていたものが見つかるときの予感、緊張感、感動、心のゆらぎ、不安など主人公が体験しているその場面の状況が、聞く人の目の前に映しだされ、感覚の共有ができたと思います。

2012/10/29(月)濱口 | ▲top

第36回全国高等学校総合文化祭(富山大会)に出場しました。高 校

平成24年8月11日(土)・12日(日)に行なわれた、第36回全国高等学校総合文化祭(富山大会)放送部門に出場しました。高田高校は朗読部門で、6年生の門山葉子さんが、「三浦しをん作、神去なあなあ日常」の発表を行いました。三重県の山奥の神去村を舞台とし、三重弁も登場します。また、三重県の地場産業の一つである林業が題材になっており、三重県の風情をお伝えできればということで、この作品を選定しました。

2012/08/24(金)濱口 | ▲top

第59回NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会に参加しました。高 校

第59回NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会に参加しました。今年度は朗読部門で6年生の門山葉子さんが、アナウンス部門で5年生の黒田阿佑実さんが、それぞれ三重県代表として7月23日(月)~26日(木)まで東京の国立オリンピック記念青少年総合センター及びNHKホールで行われた全国大会に参加しました。朗読部門の門山さんは、準々決勝を通過し、準決勝に進出。部門入選を果たしました。高田高校放送部としては、昨年に引続き2年連続の出場となりました。

2012/07/30(月)放送部顧問 | ▲top

第59回全国高校放送コンテスト三重県大会高 校

6月17日(日)に鈴鹿国際大学を会場に、第59回NHK杯全国高校放送コンテスト三重県大会が行なわれました。今大会で、高田高校放送部は朗読部門で、6年b組の門山葉子さんが「最優秀賞」、アナウンス部門で5年d組の黒田阿佑実さんが「優秀賞」に輝きました。ともに、7月23日から東京で行われる、第59回NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会に出場します。両名の活躍に期待したいです。

2012/06/18(月)濱口 | ▲top

みえ高文祭で司会を担当しました。

先日行われました「みえ高文祭」舞台部門で司会を担当しました。大ホールでの司会は初めてのことで、緊張しましたが、練習の成果もあって、満足のいくものでした。今後の活動にも活かしていきたいです。

2011/11/10(木) 濱口 | ▲top

大会結果報告

第58回NHK杯全国高校放送コンテスト三重県大会
・アナウンス部門(優秀賞)6年柳澤千鶴
・朗読部門(優秀賞)5年門山葉子

第58回NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会
・アナウンス部門(優秀賞)6年柳澤千鶴
・朗読部門(優秀賞)5年門山葉子

2011/9/21(水) 濱口 | ▲top

全 39件

Contents


Back Number