理事長・学苑長メッセージ

ご挨拶

 すべての学生・生徒が安心して学べる学校、一人一人の学生・生徒の希望がかなえられる学校、そして学生・生徒の皆さんはもちろんのこと、私たち教職員も含めた誰もが「明日も行きたい」と思える学校であること、これが高田学苑 ― 高田短大、高田中・高等学校 ― の目指していることです。

 私たちはその目標を、親鸞聖人のお導きをもとにした仏教のおしえを学び、それを日々の生活に生かしていくことのなかで達成しようと努力しています。確実な知識を身につけることは大切ですが、それが知恵によって裏付けられることはもっと大切です。本来、教育は、厳しい社会情勢の中でこそ“やさしさ”を求め、渇いた心が支配する世の中でこそ“潤い”を求めていくものでなければならないと私たち高田学苑は考えています。

 本学苑で学び、考え、経験したことを生かして、近い将来、社会に貢献できる大人になりたい。そう考える多くの若い人たちが140年を超える歴史と伝統を有する高田の門をくぐり、先生や友達との触れ合いのなかで、大きく成長してくれることを願っています。

理事長・学苑長 髙臣 文祥